豊田市力石町で行った築60年の古民家リフォームの施工事例です。

古民家の定義は、築50年以上で、伝統的な工法で建てられたものなので、築60年でも立派な古民家ですが、古民家としては、少し新しい感じもします。

ただ、梁や柱には、立派な太い木材が使われていたりと、古民家ならではの魅力と価値は、大いに感じされる建物です。

馴染みのお施主さんなので、年数もまたがっての数度にわたってのリフォームですが、元の状態からは、大幅な改修工事を行いました。

リフォームの概要

玄関、廊下、キッチン、一部外壁、外構工事

リフォーム before after

リフォーム工事のbefore afterです。

玄関 before after

before

after

玄関の様子です。

断熱性の高い玄関扉への交換と、土間には、石を張って、落ち着きを感じられる仕上がりになりました。

before

after

玄関を入ったところです。

土間は、外と同様に、石張り仕上げです。

新たに、壁を立ち上げて、間口を狭くしましたが、飾り木で仕上げて、高級感を感じられる仕上がりです。

内側には、新しい建具を取り付けたので、断熱性も向上しました。

リビング before after

before

after

リビングのbefore afterです。

床には、足腰に負担の少ないコルクタイルを施工しました。

壁は、布クロスで仕上げて、高級感のある仕上がりです。

before

after

中庭に面する廊下は、チークのフローリングに張り替えて、建具も新しく交換しました。

 一部、天井を上げて、立派な梁を表し仕上げにしました。

縁側 before after

before

after

縁側のbefore afterです。

フローリングには、無垢のチークで落ち着いた仕上がりです。

サッシも新しいものに交換しました。

外壁 before after

before

after

東側の外壁は、古いトタンを剥がして、新しいトタンを施工しました。

1階、2階と2色のトタンで、すっきりとした印象です。

古いお家なので、外壁の中の壁は土壁でした。

外構工事

お家の東側のスペースには、新たに、カーポートを設置して、外構工事を行いました。

外構工事が終わったところです。

カーポートの横には、フェンスを設置しました。

最後に、カーポートの奥のスペースに、ガーデニングを楽しめるおしゃれな庭を作って完成です。

古民家のリフォームですが、デザイン的には、和モダンな雰囲気になりました。

築50年を越えると、そろそろ、古民家という部類に入っていきますが、伝統的な工法で作られたお家は、今の時代には、貴重なので、こうして、リフォームをして住み続けるのは、本当に、価値の高いことだと思います。