今年の6月に、民泊新法が施工されるので、それに合わせて、今日から、民泊の届け出の受付がスタートしたみたいです。

民泊は、法的にグレーゾーンだったので、これまでは、無許可で営業していたところも多かったようですが、民泊の届け出が受理されれば、合法的に営業できるので、マンションなどを含めて、空き家などを、気軽に、人に貸す人も増えていくように思います。

民泊新法の概要は、いろいろなところに出ているので、興味のある人は、ネットなどで調べてもらえたらと思いますが、一年の営業日数が180日までというのが、通常の旅館業との一番大きな違いです。

空き家などの増加で、その有効活用の手段としても期待されていますが、観光地に近いところや都市部では、外国人旅行者を受け入れる宿泊施設としても、大きな役割を担いそうです。

民泊は、都市部だけでなく、田舎の空き家を活用する方法としても、なかなか、期待できるように思いますが、街おこしの一環として、自治体ぐるみで、民泊に取り組むようなところも出てくるように思います。

実際のところ、田舎には、自然豊かで、のんびりとした環境を価値として売るということもできるので、古民家などを改装して、民泊施設として営業するというのは、なかなか、現実的なように思います。

うちの工務店では、古民家のリフォームなども扱っていますが、空き家になっている古民家の利用方法として、こういう民泊施設としての運用もおすすめしていこうと思っているので、実際に、空き家になっていた古民家を民泊施設としての運営も行っています。

古民家の運営方法としては、一棟を貸し切りにして、自由に使ってもらうスタイルですが(気軽に、利用しやすいようで、なかなか、好評です)、掃除意外は、それほど、時間も労力もかからないので、副業としてもおすすめです。

民泊施設としての営業は、民泊新法の施工前からなので、もちろん、現行の旅館業法に合わせて、簡易宿泊業許可を取っていますが、それに合わせた工事や役所への書類の提出などは、かなり、煩雑な手続きが必要でした。

しかし、今回の民泊新法は、それに比べて、かなり、手続きなども簡単になるようなので、空き家を活用してみたいという人がいれば、ぜひ、挑戦してもらいたいと思います。

古民家のリフォームは、想像以上に、大変な部分が大きいと思いますが、古いということは、日本の伝統的な文化を残すという意味でも、資産価値の高いものなので、こういう民泊施設としての運営も含めて、有効に活用していくのは、本当に、大切なことだと思います。

もし、古民家などの空き家を民泊施設として活用したいという方がいれば、リフォームなども含めて、お気軽に、ご相談いただければと思います。