昨日は、朝から雨が降っていたので、香嵐渓を訪れる観光客は、前日とは比べ物にならないくらい少なかったのですが、前日から泊まってくれていたお客さんと香嵐渓のライトアップに行く約束をしていたので、その日にもう一組泊まりに来てくれたお客さんと一緒に、香嵐渓のライトアップに出かけました。

朝から雨が降り続いていたので、あまりにも雨がひどい場合には、中止することも考えていましたが、この日にチェックインのお客さんが到着した6時過ぎには、奇跡的に雨が上がっていたので、ちょうどいいタイニングで出かけることができました。

この宿から香嵐渓までは、大体15分程度で着きますが、雨の影響から、ほとんど人出も無く、駐車場も香嵐渓の中心から一番近い場所に停めることができたので、本当にラッキーでした。

DSCN1538[1]

紅葉のシーズン中は、普段なら、この駐車場はすぐにいっぱいになってしまう場所ですが、雨の日にまで出かけたいと思う人は少ないようで、この日は簡単に車を停めることができました。

香嵐渓では、この時期になると、観光客のために周りの駐車場を解放するので、駐車場の呼び込みを地元の人が行いますが、前日までとは打って変わって、人出が少なかったので、呼び込みをする人もほとんどいませんでした。

DSCN1458[1]

お客さん3人と一緒に車で出かけましたが、香嵐渓についてからは、それぞれ自由に行動したほうが、写真も撮りやすいと思ったので、1時間後に駐車場で集合することにして、自由に紅葉を楽しむことにしました。

DSCN1460[1]

まずは、香嵐渓の山の頂上を目指すことにしました。

最近は、全くと言っていいほど、運動をしていなかったので、山登りの途中は、かなり息が切れましたが、目の前に広がる紅葉の美しさを思えば、疲れはほとんど感じませんでした。

DSCN1461[1]

DSCN1462[1]

DSCN1465[1]

香嵐渓を紅葉の時期に訪れるのは、15年振りくらいだったので、正直言うと、これほど美しいものだとは思っていませんでしたが、圧倒されるくらいに芸術的な自然の美しさを堪能できました。

ライトアップの効果もあるとは思いますが、今が一番紅葉が美しい時期なのだと思います。

DSCN1468[1]

DSCN1473[1]

山を登る途中は、紅葉の真ん中に自分の身を置くような感覚になります。

視界の360度全てが、紅い色で浮かび上がる光景は、とても幻想的で感性を刺激されます。

DSCN1496[1]

この日は雨が降っていたので、もみじの葉っぱがだいぶ散っていましたが、そんな儚い感じにも風情を感じます。

DSCN1500[1]

山の頂上まで、だいたい25分くらいで到着しました。

自分は、山登りが好きなほうなので、普通の人よりも歩くのが早いとは思いますが、ゆっくり歩いても30分から遅くても40分くらいで到着すると思われます。

DSCN1507[1]

DSCN1509[1]

山を降りる途中にも、カメラのシャッターを切りたい光景が沢山広がっています。

何度も立ち止まりながら、沢山の写真を撮りました。

DSCN1514[1]

DSCN1519[1]

川沿いの紅葉もかなり楽しむことができます。

体力的に山登りはきついという人は、川沿いをのんびりと紅葉を眺めるだけでも十分です。

DSCN1522[1]

DSCN1524[1]

橋までのんびりと歩いても10分もかかりません。

DSCN1526[1]

橋の上からの紅葉も中々です。

DSCN1533[1]

対岸からなら、香嵐渓の紅葉を全体像として捉えることができます。

近くで見ても美しいと感じますが、遠くからの景色も中々のものです。

DSCN1545[1]

残念ながら、この日はあいにくの天気だったので(自分達が訪れたときには、ずっと雨は上がっていたのでラッキーでした)、屋台は閉まっていて、いつものような賑やかな感じはありませんでした(個人的には、人が少ないほうが集中できるので、いいことでしたが)。

香嵐渓は、地元とは言え、人が多くてあまり楽しめないイメージだったので、今までは敬遠していましたが、今回、久しぶりに(約15年振りです)紅葉のライトアップに訪れてみると、本当に美しくて感動しました。

自分のように、人が多いのが嫌で敬遠している人も、平日や、敢えて雨の日を選べば、比較的人も少なくてストレスもあまり感じることなく、紅葉を堪能できると思います。

香嵐渓のライトアップは今月いっぱいまでなので、今週末でもまだ間に合います。

香嵐渓の紅葉は、本当に見て損はしないと思うので、まだ一度も行ったことの無い人は、訪れてみて下さい。