DSCN1526[1]

そろそろ、紅葉の見ごろを迎えますが、香嵐渓では今月の初めからライトアップも始まっています。

一年の内で、最も多くの人で賑わうこの季節は、地元の人にとってはありがたいことでもありますが、遠くから訪れる人にとっては、道路の渋滞の状況が気になるところだと思います。

今のところ(11月12日現在)、香嵐渓に向かう153号線は、昼間でもスムーズに流れているようですが、今週末(15日の土曜日)あたりからは、昼間から夕方にかけて、渋滞がひどくなりそうです。

毎年、香嵐渓に向かう道路の渋滞のピークは、11月3週目の土曜日からの連休ですが、今年は、11月1日が土曜日だったこともあり、4週目の22日からの3連休が最も道路が渋滞しそうです。

特に猿投グリーンロードを通り、153号線から香嵐渓に向かう人は、グリーンロードの力石インターを出た所から、渋滞していることもあり、その場合は、香嵐渓まで3時間以上かかることもあります。

153号線は、香嵐渓までほぼ一本道ということもあり、渋滞を回避するルートはほとんど無いので、渋滞にはまりたくない人は、時間帯を選ぶ必要があります。

ただ、渋滞を回避するルートが全くないというわけではなく、中金町日影の信号を左に曲がり、県道344号線を回るルートを通れば、少しは渋滞を回避できます。

詳しくは、こちらを参照してください。

香嵐渓迂回路案内マップ

http://michinavitoyota.jp/main/reference/pc/kourankei/images/ukairo.pdf

国道153号線だけではなく、豊田市街や岡崎方面から県道39号線を通るルートもこの時期は大渋滞します。

渋滞を避けるには、松平方面や下山方面から県道420号線に入って香嵐渓に向かうのがベストですが、かなり遠回りになるのと、山道を走るので道はわかりにくいです。

それでも、そのルートが一番渋滞を避けられるので、一番混雑する時期は、ナビなどを使って、そのルートを通るのがいいでしょう。

道がわかりにくいという人は、道路が混雑する前に香嵐渓に辿りつけるようにするのも一つの方法です。

道路が渋滞する時間帯としては、午前10時くらい(一番渋滞する時期は9時くらいから混雑します)~午後3時くらいまでで、ライトアップに向かう車がピークを迎えるのは、午後5時~午後7時くらいです。

渋滞を避けるには、朝の8時くらいには香嵐渓に着けるようにするのがベストですが、最低でも9時には着けるような準備をしたほうがいいでしょう。

帰りも渋滞を避けるには、午前中に紅葉を楽しんで、お昼前(午後12時くらい)には帰るというプランがベストだと思われます(じっくり楽しみたい人は、香嵐渓に宿を取ったほうがいいでしょう)。

夜のライトアップを目当てにする人は、渋滞は中々避けられないところですが、昼間の行楽帰りの人がピークになる午後3時くらいから香嵐渓を目指すと、比較的渋滞は避けられると思います。

紅葉を楽しめるのは、この時期の2週間程度なので、例え道路が渋滞するとしても、見ておきたいと思う人は多いと思いますが、できるだけストレス無く楽しむためには、渋滞にはまらないようなプランを立てるのも大切なことです。

香嵐渓に遊びに行く予定の人は、少し参考にしてみて下さい。